Sendai Committee for Environment and Food

■EPF環境セミナ−の紹介

新企画のご案内
8月から新企画「山〜里〜海の環境を考えよう」  のシリ−ズで開催しますので、ご期待ください。

1999年8月、10月、12月、2000年2月、4月の5回  シリ−ズで開催する予定です。

 
 第1回 EPF環境セミナ−
 1998年 7月4日(土)アエル6階
     「発展途上国の環境問題」 島田周平氏(京都大学教授)
     アフリカ、ザンビアの農村を事例に農村社会の変化が環境問題と
     どのように関連しているか、詳細な現地調査をもとに報告した。
      講演要旨がありますので入用の方は事務局までご連絡ください。

 第2回 EPF環境セミナ−
 1998年 8月22日(土)アエル6階
     「環境ホルモン、水、いのち」角田 出氏(石巻専修大学助教授)
     環境ホルモンの生成メカニズムと北上川を事例にして、水の環境の
     変化を報告した。
      講演要旨がありますので入用の方は事務局までご連絡ください。

 第3回 EPF環境セミナ−
 1998年10月10日(土)アエル6階
     「続 環境ホルモン、水、いのち」角田 出氏(石巻専修大学助教授)
     前回の報告をより具体的に報告し、北上川調査の結果について説明
     された。
      講演要旨がありますので入用の方は事務局までご連絡ください。

 第4回 EPF環境セミナ−
 1998年12月19日(土)アエル6階
     「海の環境は、今どうなっているのか?」結城登美雄氏(民俗研究家)
     『山に暮らす、海に生きる』(無明舎)の著者、結城さんに現在の海の
     環境の変化・海の暮らしについて多くのスライドを使って報告して頂き
     ました。

 第5回 EPF環境セミナ−
 1999年 2月 6日(土)アエル6階
     「今漁業はどうなっているか?」佐藤 勇氏(EPF理事)
     水産行政に長年携わってきた佐藤さんに、漁業の抱える問題点と今後
     の水産業の見通しについて報告して頂きました。

 第6回 EPF環境セミナ−
 1999年 4月10日(土)アエル6階
     「リアスの海から」畠山重篤氏(牡蛎の森を慕う会代表)
     「森は海の恋人」を合い言葉に、海と森のつながりを大切にした環境保全
     運動に10年来取り組んでいらっしゃる畠山さんに、リアスの意味、海と
     森のつながりについて報告していただきました。

   現在、畠山さんは石巻河北(石巻市を中心とした地方新聞)に『リアスの海から』
   を連載しております。




総合案内へ戻る